トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[テニス]世界の大坂! 日本勢25年ぶり4強でランク3位以内確定

2019年1月24日 紙面から

女子シングルス準々決勝でポイントを奪い、ガッツポーズする大坂なおみ=メルボルンで(共同)

写真

◇全豪オープンテニス<第10日>

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第10日は23日、当地で行われ、女子シングルス準々決勝で四大大会2連勝を目指す第4シードの大坂なおみ(21)=日清食品=が第6シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を下し、日本勢で1994年大会4強の伊達公子以来25年ぶりに準決勝に進んだ。四大大会で2大会連続の4強入りはオープン化以降の日本勢で初。大会後発表の世界ランキングでの3位以内も確定した。1年間の成績をコンピューターで換算する現行のランキングで世界3位以内は日本の男女を通じて初めて。

 男子で第8シードの錦織圭(29)=日清食品=は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し、第2セット途中で右太ももの痛みのため棄権。ジョコビッチには15連敗となった。

 強烈なスマッシュを決め、小さく左拳を握った。大坂が昨季のWTAファイナル女王のスビトリナを手玉にとり、わずか1時間12分でストレート勝ち。「安定感があった。すごくいいプレー、コンディションでできている」。女子シングルスの日本勢で94年大会の伊達以来25年ぶりの4強、そして現行の世界ランキングで日本勢初の3位以内が確定した。

 昨季は2連敗を喫し、守備力が高く「スライスショットを多く使ってくる」苦手な相手だが、ミスを恐れずに強打を浴びせた。第1セットからベースライン深く打ってくるショットにも重心を落として対応。左右に打ち分け、このセットだけで3度もブレークに成功した。勢いが加速した第2セットでは第1セットで19本出たミスが6本に減り、巧みなネットプレーも織り交ぜるなど、攻撃に幅を持たせて圧倒。ノータッチの決定打を2セットで計31本も奪った。

 サーシャ・バイン・コーチは「一度成功したら満足する選手が多い中で、なおみは現状に満足することなく、さらに努力を重ねた数少ないタイプ」と評価する。3、4回戦では第1セットを失いながらも粘り強く逆転して勝ち上がった。

 昨季の全米オープン優勝を経て、さらに一回り成長した日本のエースは「このままの調子でいきたい」。四大大会2連勝の偉業も現実味を帯びてきた。 (共同)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ