トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[卓球]張本の妹、10歳・美和 高校生に2勝で3回戦へ

2019年1月15日 紙面から

ジュニアの部女子シングルスで1回戦を突破した張本美和=丸善インテックアリーナ大阪で

写真

◇全日本選手権

 卓球の全日本選手権は14日に大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で開幕し、混合ダブルスは昨年優勝の森薗政崇(岡山)伊藤美誠(スターツ)組が初戦の2回戦に快勝した。2017年の世界選手権個人戦を制した吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組と張本智和、長崎美柚組(エリートアカデミー)も2回戦を勝利した。ジュニアの部の女子シングルスは、今大会最年少の10歳で、張本の妹、美和(木下グループ)が1、2回戦でともに高校生選手を破って3回戦に進んだ。一般の男女シングルスの有力選手は17日の4回戦から登場する。

 張本美和がジュニアの部女子シングルスと、星優真(仙台ジュニアクラブ)と組んで混合ダブルスに出場。ともに3回戦へ進んだ。身長149センチの天才少女は「有名な強い選手がいる中で、一番小さいし弱いので頑張って勝ちたい」と意気込んだ。

 昨年は初の国際大会となったジュニアサーキット中国大会のミニカデット女子シングルスを制した成長株。兄・智和は、昨年末に勝負したら3−1と1ゲームを奪われ、「今までは適当にやっても勝てていたけれど、それじゃ無理で。初めて本気でやりました。感度がいいし、フォアも強くなっている」と評価する。一般の女子シングルスにも出場する美和は「負けても勝ってもいいプレーを出して頑張りたい」と闘志を燃やした。 (平野梓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ