トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[バスケットボール]男子は千葉ジェッツが3連覇! 富樫、残り3秒で劇的3点シュート決めた

2019年1月14日 紙面から

3連覇を達成し表彰式で喜ぶ千葉の選手たち=さいたまスーパーアリーナで(福永忠敬撮影)

写真

◇バスケ全日本選手権ファイナルラウンド<男子決勝> 千葉71−69栃木

 バスケットボールの日本一を決める第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド最終日は13日、さいたまスーパーアリーナで男女の決勝が行われ、男子は千葉が史上7チーム目の3連覇、女子はJX−ENEOSが史上2チーム目の6連覇を達成した。

 ともにBリーグ勢、Wリーグ勢同士の対戦で、千葉は延長戦の末に71−69で栃木を下し、2008〜11年に4連覇したアイシン(現三河)以来、JX−ENEOSはトヨタ自動車に86−65で快勝し、1965〜72年に8連覇したユニチカ山崎以来の快挙を果たした。

 最優秀選手には男子が千葉の富樫勇樹(25)、女子はJXの宮沢夕貴(25)が選ばれた。

 一進一退の攻防のその先に、ドラマチックなフィナーレが待っていた。延長戦の最終盤で、68−69と1点のリードを許した残り17秒。プレーが再開すると、千葉の司令塔、富樫はボールを持ちながら迷った。自分が打つか、ほかに託すか。「そのとき目の前にスペースができた気がして。もう打つしかない時間だったし、思い切った」。3秒を残して放ったボールは放物線を描きゴールへ。3連覇を決める3点シュートに会場が沸いた。

 日本代表の司令塔も務める注目選手はこの日、徹底的にマークされ、延長戦が始まるまで1点も取れなかった。「でも最後のシュートは自分が打ちたい、打たせてほしいというマインドを持った選手なので、信頼は揺らがなかった」と大野篤史監督(41)。その気持ちに応え、富樫は延長戦の5分間だけで2度のシュートを決めた。

 準決勝も絶妙なロングパスを送り、残り0・5秒の逆転シュートにつなげた。2戦で主人公となった富樫は「2日連続でこういう勝ち方をするのはもうないと思う。シュートは調子に関係なく打ち続けることが大事と思っていて、その準備をした結果。こんなシュート確率なのに、起用してくれた大野さん、スクリーンをかけてくれた味方がいたので、自信を持てた。連覇も試合ごとにチームが成長できた証しです」と顔をほころばせた。

 激闘の舞台となったさいたまスーパーアリーナは、2020年東京五輪のバスケットボール実施会場だ。「日本で世界選手権が開催されたとき(06年)、地元の新潟から出て代表戦を見た記憶もある。会場の雰囲気も含めて五輪がすごく楽しみ」と富樫。日本代表はまだ開催国枠出場が確保できていないが、出場すれば再びこの会場を沸かせてくれるに違いない。 (平野梓)

<富樫勇樹(とがし・ゆうき)> 1993(平成5)年7月30日生まれ、新潟県新発田市出身の25歳。167センチ、65キロ。ポイントガード。米モントロス・クリスチャン高校留学後、bjリーグ(当時)の秋田ノーザンハピネッツでプレー。2014年に田臥に続く日本人2人目のNBA選手契約をマーベリックスと結び、その傘下のレジェンズでプレー。15年から千葉に所属。

チームメートと抱き合って喜ぶ富樫(左から2人目)

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ