トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[駅伝]箱根駅伝区間エントリー発表!

2018年12月30日 紙面から

箱根駅伝4連覇を果たした青学大の原晋監督は「4」のポーズを決める=1月、東京・大手町で

写真

 来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)の区間エントリーが29日、発表され、史上3校目の5連覇と史上初となる2度目の3冠(出雲、全日本、箱根)を目指す青学大は前回2区区間賞の森田歩希主将(4年・竜ケ崎一)を故障のため当日変更が可能な補欠にエントリーした。メンバー変更は区間エントリー選手と補欠選手に限り4人まで可能で、往路、復路ともにスタート1時間10分前まで受け付ける。

 エースがエース区間を走れない。それでも青学大の自信は揺らがない。原晋監督(51)は森田を補欠に回した意図について「左股関節、腰回りの故障。12月の強化練習消化率が0%では権太坂と最後の上り坂に対応できないので2区は外した」と包み隠さず説明。「2区でなければそこそこ走るので、復路が良いのか往路が良いのか判断したい。キャプテンがアンカーでテープを切ればハッピーだけど」と起用には含みを持たせた。それでも「他の選手は誰を使っても良いぐらい。ほぼほぼ勝つ。ゴーゴー指数は125%!」と自信を見せていた。(川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ