トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[レスリング]伊調、パワハラブランク乗り越え復活女王

2018年12月24日 紙面から

女子57キロ級決勝 優勝した伊調(上)と敗れた川井梨=駒沢体育館で(榎戸直紀撮影)

写真

◇全日本選手権<最終日>

 レスリングの全日本選手権最終日は23日、東京・駒沢体育館で男女8階級が行われた。五輪金メダリスト同士の対戦となった女子57キロ級決勝は、伊調馨(34)=ALSOK=が前日の1次リーグで敗れていた川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に3−2で逆転勝ち。3年ぶり13度目の優勝を果たした。2年のブランクやパワハラ騒動を乗り越え、5大会連続出場を目指す東京五輪へ前進した。

 川井梨がわずかにバランスを崩した瞬間を、歴戦の伊調は逃さなかった。1−2の劣勢のまま残り時間は10秒余り。「ラスト何秒かもわからなかった。脚をキャッチすることだけを考えた」。右脚に食らいついて引き倒し、バックを取った。最後に2ポイントを奪っての逆転勝ちに、ポーカーフェースの伊調が満面の笑みで両拳を突き上げた。

 「気持ちがあふれた。ガッツポーズは満足している感じがして好きじゃないんですけど…」。残り5秒での逆転で4大会連続金を決めたリオデジャネイロ五輪をほうふつとさせる、勝負師の復活劇だった。

 1−2で敗れた前日の試合後、指導する田南部力コーチ(43)を相手にひたすらタックルの動きを確認した。「梨紗子は日本を引っ張ってきた。今の自分は挑戦者。どんどんいこうと思った」。決勝でも川井梨の堅守をなかなか突き崩せなかったが、最後の最後で狙いがはまった。

 練習を本格的に再開した今春、髪を「15センチくらい」ばっさり切った。「練習することが楽しくて。髪を結わえている時間がもったいない。短いと楽なので」。同時期には伊調をめぐるパワハラ問題が表面化していた。雑念を振り払うように、レスリングに没頭した。

 復帰戦に選んだ10月の全日本女子オープンでの試合内容はまだ全盛期に程遠かったが、「この2カ月で感覚が上がってきた」と一気に世界女王の川井梨を追い抜いた。田南部コーチは「筋量はリオ五輪前の7割くらい。あと2〜3センチ腰を落とせればもっといい戦いができる」。さらに状態は上がってくると断じた。

 復帰時には「東京五輪」と口にするのを避けたが、今は違う。伊調は「全く見えなかった東京が、まだぼやけてはいるけど、上を見たときにあるのかなと感じた。6月が楽しみ」。来年6月の全日本選抜選手権で優勝して世界選手権の切符をつかみ、その先の東京五輪へ−。定位置だった日本一の座に戻り、2020年までの道筋がはっきり見えた。 (木村尚公)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ