トップ > 中日スポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

スペイン2部・柴崎岳がデポルティボで初アシスト 首位撃破のV弾演出に地元紙は満点評価

2020年1月20日 10時46分

写真

 スペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャに所属する柴崎岳は、19日に行われた第24節カディス戦にフル出場し、今季初となるアシストで決勝点を演出。首位相手に1−0の勝利に導く立役者となった。この活躍に地元紙ならびに指揮官の評価も高まっている。

 中盤センターのポジションを任された柴崎は、後半20分にボール回しから高い位置でボールを受けると前方にスルーパス。これを受けたメリノが相手GKとの1対1を制してゴールネットを揺らした。

 公式戦4連勝を飾ったラコルーニャの選手にスペイン紙「AS」は総じて高評価を与えている中、柴崎に対しては満点を意味するスペード3つをつけている。

 また地元紙「ラ・ボス・デ・ガリシア」によるとフェルナンド・バスケス監督は柴崎について「彼は重要な選手だ。驚くべき運動量があり、トップ下に左右両サイド、ボランチとあらゆる中盤の位置でプレーできる。どんな監督にとっても貴重だ」と絶賛。「彼にとって(この日のプレーぶりは)普通のことだろうが、もっと向上してほしい」とさらなる活躍に期待を寄せている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ