トップ > 中日スポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

本田圭佑の新たな野望はリアルサカつく!? 東京に新クラブ創設「勝利にこだわる選手」のトライアウト実施へ

2020年1月14日 22時18分

本田圭佑(AP)

写真

 サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)が14日、自身の公式ツイッターを更新。「サッカークラブをみんなと一緒に創り上げるためゼロから立ち上げます」とつづり、東京都中央区に本拠地を置くクラブチーム「ONE TOKYO」を創設する意向を表明した。本田はオーナーに就任し、チームは東京都社会人リーグ4部からスタートするという。今月24日に東京都内でトライアウトを実施する予定で、本田は「勝利にこだわる選手に集まってほしいです」としている。

 新クラブの公式サイトで、本田は「東京から世界に影響を与えられるサッカークラブを創りたい」「そのサッカークラブを皆んなと一緒に作りたい」とクラブ創設の理由を説明。本田のマネジメント会社が経営参画していたオーストリア2部・SVホルンから昨季限りで撤退したことを明かし、「想いが1つに繋がるサッカークラブ経営を実現することがミッション」としている。

 本田は「いわゆる『リアルサカつく』を皆んなとやりたい」として、「監督や選手のスカウトや獲得、グッズ作成や販売、ファンサービスやスポンサー営業など、リアルサカつくという『ドリームジョブ』を自由に発案して選挙を行なって決めてく。更にクラブに対する貢献によっても評価されポイントを得られるようにしようと思っていて、そのポイント数によって受けられるサービスが異なってきます。さらに初期から参加して貢献していれば、クラブが大きくなったときによりメリット感じられる仕組みにしようと思っています(原文まま)」と斬新な構想を語っている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ