トップ > 中日スポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

ナポリ欧州CL1次リーグ突破したのに…アンチェロッティ監督を電撃解任 アーセナル、エバートンが早速興味

2019年12月11日 13時58分

解任されたアンチェロッティ監督(AP)

写真

◇10日・欧州チャンピオンズリーグ1次リーグE組ナポリ4ー0ゲンク

 日本代表MF伊東純也(26)が所属するゲンク(ベルギー)はナポリ(イタリア)に0ー4と大敗を喫した。7日のベルギー1部のセルクル・ブリュージュ戦で今季初得点を決めた伊東は右サイドハーフで先発出場。持ち前のスピードを生かしてドリブル突破を仕掛ける場面もあったが、思うように見せ場を作れないまま後半27分に途中交代。チームは6戦未勝利の最下位で欧州CLの舞台から去った。

すでに最下位が決まっていたゲンクは17歳287日のGKマールテン・ヴァンデヴォートが欧州CL史上最年少GK出場記録を樹立したものの、ナポリのポーランド代表FWアレク・ミリクにハットトリックを許すなど強烈な洗礼を浴びてしまった。

 ゲンクに快勝して2位で1次リーグを突破したナポリは試合後、カルロ・アンチェロッティ監督を電撃解任。スカイ・スポーツなどによると、イングランド・プレミアリーグのエバートンがアンチェロッティ氏を新監督として迎え入れるために交渉を開始すると報じ、ウナイ・エメリ前監督を更迭したばかりのアーセナルも新監督候補として検討していると伝えている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ