トップ > 中日スポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

香川「久保はスペインで活躍できる」「アジア最高はソン・フンミン」 現地紙に語る

2019年11月8日 11時22分

写真

 サラゴサの香川真司がスペイン紙『マルカ』のインタビューに応じ、レアル・マドリードからマジョルカにレンタル移籍している久保建英の印象や、日本代表で長年戦った盟友・岡崎慎司(ウエスカ)との“ご近所生活”などを語っている。

 ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブを経験した香川が、久保についてどう見ているのか。「彼はとてもいい選手だと思う。バルセロナのアカデミーにいた時期があるから、すでにスペイン語を話せる。それは今の彼にとって大きいと思う」とこれまでの経歴が生きていると話している。また「彼はレアル・マドリードでいいプレーができると思う。左利きかつピッチ内で賢くて、常に正しい判断で動ける」とスペインでの活躍を確信しているようだ。

 また岡崎については「彼の家から10分くらいの距離に住んでいて、一緒にいる時間が長い。どうすればいいプレーができるか話し合っている」と話し、乾貴士(エイバル)と会食に行ったことも明かしている。そして「ガク(柴崎岳、デポルティボ・ラコルーニャ)も素晴らしい選手」と言う一方で、現時点でのアジア最高の選手としてトッテナムのソン・フンミンを挙げている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ