トップ > 中日スポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

久保建英、移籍理由などは… マジョルカに「来てくれれば、遠いと思いますけど答えます」

2019年9月3日 21時19分

本代表合宿に合流し、軽快な動きを見せる久保建(中央)。左端は冨安、右端は永井=茨城県鹿嶋市で(北田美和子撮影)

写真

サッカー・スペイン1部のマジョルカMF久保建英(18)が3日、成田空港着の航空機でスペインから帰国後、茨城県鹿嶋市内で合宿する日本代表に合流した。国際親善試合のパラグアイ戦(5日・カシマ)、W杯カタール大会アジア2次予選ミャンマー戦(10日・ヤンゴン)に向け、久保は「(日本代表に)選ばれている理由を見せなければいけないと思っている。森保監督が自分を選んでくれた理由をピッチ上で見せていければいいと思う」と静かに自信をにじませた。

久保は6月の国際親善試合のエルサルバドル戦で代表デビューをかなえ、南米選手権(ブラジル)では全3試合に出場した。その後、FC東京からスペイン1部のレアル・マドリードに移籍したが、出場機会を求めてマジョルカへ移り、8月31日のアウェー・バレンシア戦でリーガデビューを飾った。

久保は「いろいろありましたけど、今こうして鹿嶋で代表の一員として戦っているということが全てだと思っている」と言い、移籍理由や環境の変化に関しては「またの機会でお話できればと思う。(マジョルカに)来てくれれば、遠いと思いますけど答えます」とコメントを避けた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ