トップ > 中日スポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

横浜M−浦和戦の誤審で副審らを資格停止処分 日本サッカー協会

2019年7月18日 紙面から

 J1横浜M−浦和戦(13日・日産ス)でゴール判定が二転三転した問題で、日本サッカー協会は17日、東京都内で審判委員会(小川佳実委員長)を開き、4人の審判団以外の外部情報を根拠に判定しようとしたとして、相楽亨・副審と大坪博和・第4の審判員に1カ月の資格停止処分を下した。松尾一主審は1カ月の割り当て停止、田尻智計・副審には1試合の割り当て停止の処分を科した。

 小川審判委員長は「何とか情報を取ろうと、(一線を)超えてしまった。言い訳は一切できない」などとしている。

 同戦後半14分、オフサイドの位置にいた横浜MのFW仲川のゴールが認定される誤審があった。審判団は正確なシーンを見ていなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ