トップ > 中日スポーツ > サッカー > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

浦和・興梠、カズ超え140発目は劇的93分弾!

2019年6月16日 紙面から

◇J1第15節 浦和2−1鳥栖

 ストライカーの直感だった。1−1の後半48分。マルティノスが左サイドをドリブルで持ち上がり、中央へパスを送った。球は相手に当たって、不規則な回転をしながらフワリと浮き上がる。興梠は「かぶる。相手がミスをしてくれそう」。相手DFとあえて競り合わず、後ろにステップを踏み直して留まった。その判断が全てだった。「冷静だった。疲れていたので、逆にリラックスして決められた」。フリーで右足インサイドを合わせた。ネットが揺れ、ゴール裏が沸騰した。土壇場で劇的な逆転弾。6戦ぶり白星。監督交代後、初勝利。エースの任務を全うして、自らの記録達成を素直に喜んだ。

 J1通算140得点は、カズの139得点を抜いて歴代単独6位。さらに、福田正博が持つ浦和のJ1最多91得点に肩を並べた。興梠は「満足せず、もっともっと点を取りたい。10、20、30点。浦和レッズと言えば、興梠慎三と言われるように」。興梠だけの次なる道しるべは、はっきりと見えている。 (松岡祐司)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ