トップ > 中日スポーツ > サッカー > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

「彼らが勝ち取った」 若手抜てきの日本代表・森保監督

2019年5月24日 紙面から

サッカーの国際親善試合に臨む日本代表メンバーを発表する森保監督=東京都文京区で

写真

 救い上げでもなく、大抜てきでもない。今秋に始まるW杯アジア予選を見据えたチーム強化に向け、初選出した久保、大迫敬の10代コンビについて、森保監督は「年齢に関係なく、チームで良いパフォーマンスを見せている。彼らが勝ち取ったもの」と述べ、実力本位で選考したことを強調した。

 特に17歳の久保に関し、指揮官は「クラブでやっていることを代表でも発揮してほしい」と期待を寄せた上で、「国を背負って戦う中でクラブとは違う経験ができる。先輩たちの背中、プレーを見て学び、言葉で伝えてもらいながら、成長につなげてもらえば」と“親心”も明かした。

 きょう24日に発表される南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)に臨む日本代表は別編成の東京五輪世代が中心となる。久保、大迫敬に加え、20歳の安部(鹿島)、上田(法大)、前田(松本)、三好(横浜M)、杉岡(湘南)らが選ばれる見通しとなっている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ