トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

東都大学野球・東洋大のエース村上頌樹「進路はプロ一本」

2020年1月12日 18時44分

張り替えた新人工芝の上で日本一を誓った東洋大の村上頌樹投手(左)と山崎基輝主将

写真

 東都大学野球の東洋大は12日、埼玉県川越市のグラウンドで、ドラフト候補のエース右腕、村上頌樹投手(3年・智弁学園)がソフトバンクのスカウトが視察する前でブルペン投球した。主将で主軸の山崎基輝捕手(3年・愛工大名電)を相手に57球を投げて「握りを変えたスライダーもよくなってきた。進路はプロ一本で考えている。日本一になりたい」と高校時代に続いて大学でも頂点を誓った。

 村上は昨春リーグ戦で6勝を挙げてMVPに輝きながら秋は3勝。「目標は10勝。通算20勝したいので最低でも8勝はしたい」。グラウンドは人工芝の張り替えが完成して気持ちも新た。2季ぶりのリーグ優勝を目指す。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ