トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[女子ラグビー]ラ組女子が欧州遠征 初代表戦に挑む佐藤優奈ら東北三人娘

2019年11月16日 紙面から

台風19号の被災地に勇気を!サクラフィフティーンの東北トリオ=茨城県龍ケ崎市の流通経大グラウンドで

写真

 ラグビーW杯が閉幕して2週間、今度はラ組女子が世界に挑戦だ。15人制女子日本代表(サクラフィフティーン)が欧州へ遠征し、16日にイタリアと、24日にスコットランドとテストマッチを行う。2021年の女子W杯で男子に続き8強進出を目指す。初代表入りした佐藤優奈(ゆな、21=東京山九フェニックス)ら東北出身トリオは、台風19号で被害が大きかった被災地に元気を届けると誓った。そして高校生女子は10月26〜27日のU18全国セブンズを経て年末の花園へ加速。ラグビーロスなんて言わせない。今度は女子が輝く番だ! (大友信彦)

 「ダイナソーと呼ばれてるんです」

 佐藤優奈はちょっとはにかんで笑った。キュートな21歳の女子大生に、恐竜というニックネームは不似合いだが…。

 「チームの監督が言い出したんですが、走り方が軽やかじゃなく、どんどんって感じだから、ですかね(笑)」

 本人はそれほど嫌がっていない様子。フィジカルな世界で戦うラ組女子にとって、強さを連想させる異名は勲章なのだ。

 「ガムシャラで、冷静で、かつ暴れる。強い相手にもハードヒットできる選手になりたい」

 中学時代は東北ユースの合宿で元日本代表・釜石シーウェイブスGMの桜庭吉彦さんの指導も受け、愚直に痛いプレーを遂行するスタイルを磨いた。

 だが、味方の信頼の厚いタフなプレースタイルには代償もあった。

 「ケガが多かったんです。高校から、顔だけで5回も骨折しました。あとは足首やスネも折りました。何とか顔の原形をとどめたまま引退するのが目標です(笑)」

 年ごろの乙女には過酷な運命。それでも代表を目指す気持ちは消えなかった。今春から、サクラフィフティーンのレスリー・ヘッドコーチが希望者を募って開催した「コンバットセッション」に志願参加。タフに体を張る姿勢とフィジカルの強さをアピールして、ついに初の代表入りを果たす。男子のW杯からも刺激を受けた。

 「結果を残すことの大切さも感じたし、試合に臨む覚悟が伝わってきて応援したいと思った。私も戦う気持ちを強くもっていきたい。世界に出るだけでなく、世界で活躍できる選手になりたい」

 故郷の宮城県は台風19号で大きな被害を受けた。隣の岩手県釜石市ではW杯の試合が中止される残念な出来事も。

 「でも試合がなくなったカナダの選手たちが泥かきのボランティアをしてくれたり、助けてくれたことには感謝の気持ちでいっぱいです。私もラグビーで東北に元気を届けられたらいいな」

 そのためにも、目指すのは15人制日本女子代表の欧州でのアウェー戦初勝利だ。ダイナソーの豪快な走りでつかみ取る。

 佐藤を迎え「東北三人娘」を結成した先輩が両WTBの平野恵里子と葛西杏奈だ。

 平野は釜石高、日体大で活躍し、17年W杯にも出場した。地元・釜石でのW杯を現地で観戦。「海外から来た方々がメモリアルパークなどの震災関連施設を回って釜石のことを知ってくれたのがうれしい」と話し「男子が日本のラグビーを変えてくれた。女子もその勢いに乗って結果を出して、ラグビーの普及に貢献したい」と力をこめた。

 自衛隊体育学校の葛西は仙台商出身。台風19号のときは、やはり自衛官の父が災害派遣の緊急招集で出動したという。「同じ東北の被災地でW杯が開かれたことがすごくうれしかった」と話し、「男子に続いて、女子ラグビーも伸びていけるようこの遠征できっかけを作りたい」と抱負を話した。

<平野恵里子(ひらの・えりこ)> 1992(平成4)年4月26日生まれ、27歳。岩手県大槌町出身。横浜TKM。WTB。小学1年のとき釜石ラグビースクールでラグビーを始める。釜石高から日体大に進み、大学3、4年で2年連続全日本選手権(会長杯)MVP。16年香港戦で日本代表デビュー。17年15人制W杯出場。164センチ、65キロ。

<佐藤優奈 (さとう・ゆな)> 1998(平成10)年9月11日生まれ、21歳。宮城県大崎市出身。慶大3年。ロック。小学5年のとき古川ラグビースクールでラグビーを始める。石見智翠館高で全国高校選抜優勝。慶大入学を機に東京山九フェニックスに参加。19年太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ出場。170センチ、57キロ。

<葛西杏奈 (かさい・あんな)> 1995(平成7)年10月20日生まれ、24歳。宮城県多賀城市出身。自衛隊体育学校。WTB。仙台商高ではバスケットボールで宮城県選抜。自衛隊入隊後にラグビーを始め、15年太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ出場。19年オーストラリア戦で日本代表デビュー。170センチ、67キロ。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ