トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学野球]駒大が1部残留! ”神宮初先発”の上野翔太郎が予告完封で決めた 元U18日本代表右腕、卒業後は社会人へ

2019年11月10日 22時55分

1部残留を決めてガッツポーズの駒大・上野

写真

 東都大学野球の1、2部入れ替え戦は10日、神宮球場で2回戦を行い、駒大(1部6位)が拓大(2部1位)に2―0で連勝し、1部残留を決めた。

 高校時代は、U―18日本代表のエース格だった上野翔太郎投手(4年・中京大中京)が1安打完封。ラストシーズンの今秋になって救援で初勝利を挙げ、この日が神宮初先発。キレのいい直球を軸に、見逃し4つを含む8奪三振。三塁を踏ませず、試合前にチームメートに宣言した通りに完封してみせた。

 「リーグ戦のあと、入れ替え戦に向けて切り替えて練習してきた」。1部残留を置き土産に、来年は社会人でプレーする右腕は「レベルが上がるが、いい結果が出せるようにしたい」と意気込んだ。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ