トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[トライアスロン]日本男子に新星現る ニナー・ケンジ、東京五輪へ

2019年11月7日 紙面から

バイクを前に笑顔を見せるニナー・ケンジ=甲府市で(広瀬美咲撮影)

写真

 日本のトライアスロン界に新星が現れた。オーストラリア人の父と日本人の母を両親に持つニナー・ケンジ(26)=NTT東日本・NTT西日本。日本代表として2020年東京五輪出場を目指してオーストラリアから日本へ拠点を移し、トレーニングに励む。大学院での研究と競技を両立させた頭脳派トライアスリートに迫った。 (広瀬美咲)

 「日本にはより多くのチャンスがある」。もともとはオーストラリアの選手として活躍していたニナーは2017年、日本トライアスロン連合の人材発掘で見いだされ、来日を決意。18年12月に日本での登録が認められ、もう一つの故郷で新たなスタートを切った。

 幼い頃からスポーツは得意だった。7歳からテニス、10歳からサッカーを始めた。13歳でトライアスロンに出会い、どんどんのめり込んだ。「ラン、バイク、スイムをそれぞれ単独でやるのは簡単。トライアスロンは連続してやるので、挑戦しがいがある」。18歳からトライアスロン一本に集中して取り組むようになった。

 現在は、ナショナルチームの男子強化寮がある甲府市を拠点にトレーニングに励む。朝にランニングを行い、その後バイクの練習を行うのが日課。市内のプールや時々海にも出て、スイムの練習を行っている。

 「得意なのはラン。今はバイクの練習に一番時間を使っている」

 東京五輪では新種目の混合リレーが行われる。1人あたりの距離が個人の5分の1ほどで、よりスピードとパワーが求められる。4月のスーパースプリント特別大会では混合リレーの適性を測るために1日2レースが行われた。ニナーは2レースとも1位の好成績を収め、6月のアジア選手権では日本の混合リレー優勝に貢献した。

 8月の東京五輪テスト大会は本番の舞台、お台場だった。ニナーにとって、お台場でのレースは初めて。途中棄権したものの、「割とフラットなコースだが、カーブが多かったり急だったり、テクニカルなコース。実力がはっきりと出るので、選手は実力を見せられていいと思う」と、本大会へのイメージを描く。

 今後の課題はメンタル面という。カーティン大から西オーストラリア大大学院に進学。保険数理学と応用数学を専攻する頭脳派は「考えすぎてしまうことがあって…。世界トップ選手と一緒に練習をした時に、力の差はあまり感じなかったが、メンタル面で差を感じた」と頭をかいた。疲れた時でも競技に集中し、プラス思考になれるよう、日ごろから意識して克服を目指している。

 東京五輪まで1年を切り、意識も強まってきた。「東京五輪、パリ五輪では、個人か混合リレーで日本代表としてメダルを取りたい」。勉強中だという日本語も交えて懸命に語った。人懐っこい笑みを浮かべたニナーの日本での挑戦は続く。

 ▼東京五輪への道 トライアスロンの国・地域別の最大出場枠は、男女各3。開催国の日本は男女各2人と新種目の混合リレー1チームの出場枠が与えられている。20年5月までの五輪出場資格ランキングで140位以内に入るのが前提。加えて、五輪テスト大会や世界トライアスロンシリーズなど、代表選考対象大会の成績をもとに決まる。

 ◆混合リレー 来年の東京で五輪初採用。男女各2人の4人で組み、女子→男子→女子→男子の順にリレー。各国のアンカーがゴールしたタイムで順位が決まる。個人種目がスイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロを走破するのに対し、混合リレーは1人あたりスイム300メートル、バイク7.4キロ、ラン2キロと、個人種目の約5分の1の距離で行う。日本はすでに出場権を得ている。

合宿所でインタビューに応じた=甲府市で(広瀬美咲撮影)

写真

◆ニナー★アラカルト

 ▼マラソン好き 日本のスポーツについて「箱根駅伝があったり、アフリカの選手がたくさんマラソンを走りに来ていて、マラソンカルチャーが盛んだと思う。駅伝を走ってみたいと思っていた」。

 ▼好きなスポーツ選手 プロテニスプレーヤーのラファエル・ナダル(スペイン)。「体を動かすのが好きで、全てのスポーツが好き。テニスやプロボクシングをよく見る」

 ▼得意料理 寮に住んでいるのはニナー一人で自炊している。得意料理は「豚キムチ」とか。アスリートらしく、高タンパク低脂肪を心掛けている。

<ニナー・ケンジ> 1993(平成5)年5月26日生まれ、オーストラリア西オーストラリア州パース出身の26歳。176センチ、66キロ。父はオーストラリア人、母は日本人の母。13歳でトライアスロンを始め、18歳からトライアスロンに絞って取り組む。2018年12月から日本連合の選手としてレースに出場。最新世界ランキングは88位、五輪出場資格ランキングは日本選手最高の75位。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ