トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学野球]関東5連盟の注目選手 東海大・山崎伊織

2019年10月30日 紙面から

東海大のMVP右腕、山崎伊織投手(小原栄二撮影)

写真

 11月15日開幕の明治神宮大会出場権が懸かった関東地区大学野球選手権は、関東5連盟の秋季リーグ上位2校ずつが出場し、2枚の切符を目指す厳しい戦い。来年2020年のドラフト候補も多数出場する。今夏、大学代表入りした上武大の古川裕大捕手(3年・久留米商)、同じく東海大の山崎伊織投手(3年・明石商)らブレーク寸前の注目選手をピックアップした。30日は横浜スタジアムで4強入りを懸けた3試合が行われる。 (小原栄二)

◆ジャパンでも組む海野と日本一目指す

 打線に助けられてサヨナラ勝ちで初戦を突破したが、東海大の最速153キロ右腕、山崎は関東学院大戦の7イニング1/3で9安打3失点に悔しさをにじませた。「入りがちょっと悪くて、そのままずるずるいった感じでした。全部投げ切るつもりだったんですけど」。初回いきなり失点してリズムに乗れなかった。

 西武の松本航を生んだ明石商が東海大に送り出した右腕の力は、こんなものではない。今夏の日米野球ではリリーフで3試合3イニングを無失点。大東大戦は9回1死までノーノーなど今秋は5試合44イニングで自責点わずか1で、2シーズン連続の首都リーグ最高殊勲選手(MVP)に加えて、最優秀投手、ベストナイン投手の3冠となった。昨年までロッテスカウトだった井辺康二コーチ(59)は「スライダー、カットボールのコントロールもいい。試合の中で悪いところも修正できる」と太鼓判を押す。

 ソフトバンク入りする大学ジャパンの正捕手・海野と組むのは、この秋が最後。「お世話になったので、日本一になって終わらないといけないと思う」。海野のミットに剛球を投げ込んだ先に神宮大会切符そして秋の大学日本一がある。

<山崎伊織(やまさき・いおり)> 1998(平成10)年10月10日、兵庫県明石市生まれの21歳。181センチ、69キロ。右投げ左打ち。投手。 

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ