トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学野球]関東5連盟の注目選手 武蔵大・松下豪佑

2019年10月30日 紙面から

武蔵大の1年生4番、松下豪佑外野手(小原栄二撮影)

写真

 11月15日開幕の明治神宮大会出場権が懸かった関東地区大学野球選手権は、関東5連盟の秋季リーグ上位2校ずつが出場し、2枚の切符を目指す厳しい戦い。来年2020年のドラフト候補も多数出場する。今夏、大学代表入りした上武大の古川裕大捕手(3年・久留米商)、同じく東海大の山崎伊織投手(3年・明石商)らブレーク寸前の注目選手をピックアップした。30日は横浜スタジアムで4強入りを懸けた3試合が行われる。 (小原栄二)

 春からスタメン出場し今秋は4番。武蔵大の期待のルーキー松下豪佑外野手(1年・佼成学園)は、打率3割、2本塁打、10打点でチームのリーグ2位に貢献、帝京大の光本とともに1年生で首都リーグのベストナインに選ばれた。「日体大の吉田さんからホームランを打てたのが自信にもなった」。ヤクルトが2位指名した大学代表右腕の直球を3ランした。

 高校時代も4番。山口亮監督(36)は「得点圏打率がリーグでも1番ぐらいに高かったので4番にした」と期待通りの活躍を喜ぶ。横浜商大との初戦は押し出し四球だけに終わり「4番としての役割が果たせなかったが、次はいい流れをもってくるように打ちたい」と切り替え。9年ぶり出場の関東地区選手権で初の初戦突破。スタメン6人が3年生以下の若いオーダーの中心に松下がいる。

<松下豪佑(まつした・ごうすけ)> 2000(平成12)年8月29日、東京都府中市生まれの19歳。177センチ、78キロ。左投げ左打ち。外野手。  

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ