トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学野球]関東5連盟の注目選手 城西国際大・中島隼也

2019年10月30日 紙面から

千葉県で春夏連続2冠の城西国際大の中島隼也投手(小原栄二撮影)

写真

 11月15日開幕の明治神宮大会出場権が懸かった関東地区大学野球選手権は、関東5連盟の秋季リーグ上位2校ずつが出場し、2枚の切符を目指す厳しい戦い。来年2020年のドラフト候補も多数出場する。今夏、大学代表入りした上武大の古川裕大捕手(3年・久留米商)、同じく東海大の山崎伊織投手(3年・明石商)らブレーク寸前の注目選手をピックアップした。30日は横浜スタジアムで4強入りを懸けた3試合が行われる。 (小原栄二)

 春よりもさらにレベルアップした。最速146キロとスライダー、チェンジアップを武器に今秋は7試合に登板、5勝1敗、防御率0・96の堂々たる成績。城西国際大を千葉県大学リーグの春秋連覇に導いた3年生エース中島隼也投手(3年・仙台育英)は2季連続で最多勝&ベストナイン。MVPこそ4年生捕手の梅田に譲ったが、リーグ最強右腕となった。

 千葉県出身ながら仙台育英に進み、大学でUターンした。昨年5月13日の20歳の誕生日の夜に、バイクにはねられて頭を強く打って入院、手術という不遇に遭い、復帰したのは秋のシーズン途中だった。

 そんな回り道も糧に今春開花。初めての神宮マウンドだった大学選手権は初戦の福岡大戦で2失点完投してチームは初の8強。

 救援登板した準々決勝の東農大北海道戦は甘くなった直球を打たれただけに「神宮に戻ることが目標、そのために直球に磨きをかけた」と力を込めた。

<中島隼也(なかじま・しゅんや)> 1998(平成10)年5月13日、千葉県木更津市生まれの21歳。180センチ、78キロ。右投げ右打ち。投手。  

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ