トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[ローラースケート]王国・徳島に挑む東日本の新鋭も輝く

2019年10月22日 紙面から

 日本の女子ローラーフィギュアは、昨年のアジア選手権を制した藤倉みき(25)を生んだ徳島がリードしているが、今大会では来夏のアジア選手権出場権を懸けて全日本選手権(来年3月)で徳島勢に挑む、東日本の新鋭が輝いた。

 初心者を含むプライマリーの次のクラスのエレメンタリーで総合優勝の勝原琴水(12)は板橋・赤塚三中1年。持ち味のきれいな滑りを見せた。徳島の同世代選手も意識し「勝ちたい」と誓った。

 規定で1位となり、総合2位の佐々木帆南(14)はフィギュア歴8年。中学の陸上部では走り幅跳び選手で「距離を跳ぶのと高く跳ぶのとの違いはありますが、同じジャンプ、役に立つと思う」と目を輝かせた。

 徳島で指導するかたわら週に2回、東京ドームローラースケートアリーナに出張し、フィギュア教室を開講する西木紳悟さん(31)の指導で成長著しい小川あらた(18)はプライマリーで優勝した。始めて1年だが、ローラーダンスをしていたこともあってリズム感は抜群だ。

 選手の数が少ない男子では、ARS練馬で切磋琢磨(せっさたくま)する小学5年の鳥山右京(11)と小学4年の杉山慧(10)らが世界を見据えている。

エレメンタリー女子で演技する勝原琴水

写真

エレメンタリー女子で演技する佐々木帆南

写真

プライマリー女子で演技する小川あらた

写真

プライマリー男子で演技する鳥山右京

写真

プライマリー男子で演技する杉山慧

写真

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ