トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学野球]ドラフト指名待つ白鴎大の“三羽かもめ” 金子は快足自慢、トイレと一緒に腕磨く

2019年10月17日 紙面から

ドラフト指名を待つ白鴎大トリオ、左から金子莉久外野手、ラミレス・レンソ内野手、大下誠一郎外野手=栃木県小山市で(小原栄二撮影)

写真

 NPBのドラフト会議が17日に行われる。関東以北でプロ志望届を提出した選手は、高校・大学生合わせて114人。ここ数年、全国大会でも上位進出が目立つ関東5連盟からも27人が名乗りを上げた。関甲新学生リーグの白鴎大から指名を待つのは、快足の金子莉久外野手(4年・国学院栃木)、高校時代から注目の大下誠一郎外野手(4年・白鴎大足利)、父がプロサッカー選手で主将のラミレス・レンソ選手(4年・文星芸大付)の3人。栃木で力をつけた三羽がらすならぬ“三羽鴎(かもめ)”に注目だ。(小原栄二)

リーグ屈指の俊足を誇る白鴎大の金子莉久外野手

写真

 リーグ史上に残る快足でプロ入りをアピールしたのは金子だ。昨春はシーズン盗塁記録とされる17に迫る14個(リーグ最多)をマーク、ここまで通算58盗塁を積み上げた。中学時代からどんどん足が速くなり、宇都宮スターボーイズ時代の中学3年のときに50メートルを5秒8で走った。西武ドーム(当時)で行われた大会でのべースランニング競争でも優勝、その記録は今も破られていないという。坂道ダッシュで鍛えた足は今では50メートルを5秒7で走れるようになった。

 高校限りで野球をやめるつもりだったが、黒宮寿幸監督に誘われて白鴎大に進学。プロを意識するようになったのは昨春の大学選手権に出場してからだ。「教員を目指していました。プロに行けるレベルでなかったし、考えたこともなかったが注目されるようになって可能性があるならチャレンジしようと思った。単純な速さだけでなく、セーフティーバント、内野安打、広い守備範囲も見てほしい」

 今季は、けん制も多く徹底マークされて盗塁こそ少ないが、打率は4割超。バットを短く持つようにして巧打を意識し、4割4厘で首位打者だった昨春に続くタイトルも視野に入れ、通算100安打にもあと5本に迫っている。ドラフト会議直前の新潟医療福祉大戦には中日、DeNA、オリックスなど6球団のスカウトが視察して最終チェック。1四球に終わったものの、左中間の打球を好捕し、自慢の足を見せた。ロッテの榎スカウトは「足の速さは申し分ない。打撃ももっと良くなりそう」と伸びしろも評価した。

 バント練習を多いときは1日1000球近くやった努力家には、トイレの神様もついている。1年のときにトイレ掃除担当になった。4年間やるのが習わし。当時の4年生トイレ担当は、阪神で4番も打つ大山悠輔内野手だった。「すごいきっちりやっていたのを見て自分もこだわりを持つようになった。最初は抵抗がありましたが、今はなんともない。手は汚れても洗えばいい。大掃除のときは(植村花菜の)トイレの神様を流しながらやってます」

 ドラフト当日はチームメートの大下、ラミレスとともに指名を待つ。身長165センチとドラフト候補としては大きくないが、西武の秋山に憧れ「(大下、ラミレスの)2人にできて自分にできないこともあるが、この2人ができないことをしたい」と反骨心も旺盛な金子の足が、プロからどう評価されるか、運命の一日となる。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ