トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学サッカー]筑波大、狙うは3年ぶりインカレ制覇 神戸内定の山川「一つ一つ勝つ」

2019年9月27日 紙面から

持ち前の守備力に加え、攻撃での働きも自らに課すDF山川

写真

 第93回関東大学サッカー1部リーグ(東京中日スポーツ後援)は第13節まで消化した。優勝候補の一角と目されていた昨季2位の筑波大は6勝3分け4敗の勝ち点21で5位と実力通りの結果を残すことができていない。首位独走中の明大とは勝ち点15差。逆転Vはほとんど不可能に近いが、関東から6校が出場する全日本大学選手権(インカレ)に向け、巻き返しを図る。目指すは打倒明大と大学日本一。来季からのJ1神戸加入が内定しているDF山川哲史(4年・神戸U−18)と同じくJ1札幌内定のレフティーMF高嶺朋樹(4年・札幌U−18)が真価を見せつけていく。 (関孝伸)

 対人プレーで圧倒的な強さを誇り、ゴールカバーでも巧みさを発揮する守備の職人だが、下級生の時期のDF山川は出場機会にあまり恵まれなかった。ある意味で不運だったのはセンターバックの強力なライバルが1学年上に2人も存在したことだ。山川が入学した時点で、鈴木大誠(現J2徳島)と小笠原佳祐(現J3熊本)のコンビが最終ラインにすでに君臨。そこに割って入るのは困難だった。しかし、裏を返せば、身近なところに貴重なライバルがいたことになる。

 「高いレベルの中で常に競争して、それで成長できました。試合にはそんなに出られなかったんですけど、(自身が)2年生のとき(の一昨季)に一番成長したという自負があります」

 その年のチームは強力な攻撃陣も擁していた。FW中野誠也(現J2岡山)やFW北川柊斗(現J3北九州)といった優秀なアタッカーたちと練習で相まみえたことも進化につながった。

 迎えた昨季、小笠原がシーズン途中でFWにコンバートされたことなどにより、センターバックのポジションに定着できた。なおかつ、下級生時代の成長を体現する、ハイレベルのパフォーマンスを披露した。

 「シーズンが終わった後に神戸からオファーをもらえましたし、トータルとして考えると、いいプレーができて、いい一年だったんじゃないかなと思います。リーグの中ではどのフォワードにもやられない自信がつきました」

 プロ入りが内定している選手として試合に臨む今は「チームを勝たせられる選手になること」を強く意識して戦う。守備で貢献するだけでなく、味方のセットプレーから自分でゴールをマークしたい。「僕はリーグ戦では入学してから1点も取っていません。点を決めるセンターバックがすごく評価されることもありますし、個人の動きのところで見て、どうやったらコーナーキックで点を取れるのかを(大学の)卒業論文のテーマにしました」と、研究にも精を出す。

 リーグ制覇はもはや絶望的であり、現実的な目標はインカレ優勝になる。「目の前の試合を一つ一つ勝って、インカレ決勝の日がチームとして一番いい状態になるように進んでいきたいです」と、3年ぶりの大学日本一を虎視眈々(たんたん)と狙う。

◆山川アラカルト

 ◆好奇心旺盛 いろいろなことに興味が湧くタイプだとか。つい最近、ボルダリングを始めたほか、ゴルフの打ちっ放しにも行き出した。自ら企画し、サバイバルゲームをみんなで楽しんだりもする。

 ◆自転車 先輩から譲り受けたクロスバイクを先週盗まれ、不自由な大学生活を一時送っていた。筑波大は敷地が広く、多くの筑波大生にとって、自転車は必需品なのだ。自転車を盗まれたのは大学に入ってから2度目になる。

<山川哲史(やまかわ・てつし)> 1997(平成9)年10月1日生まれ、兵庫県尼崎市出身の21歳。186センチ、81キロ。同市立武庫庄(むこのしょう)小1年のときに隣接する伊丹市の笹原SCでサッカーを始め、中1〜高3まで神戸の下部組織でプレーした。中3時の日本クラブユース選手権(U−15)で準優勝、高2時にU−17日本代表入り。筑波大では昨季途中からレギュラーになった。今年7月に行われたユニバーシアード・ナポリ(イタリア)大会の金メダルメンバー。神戸への来季加入が内定している。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ