トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

大東大の主砲・中野翔に期待 監物監督「5本打って人生変えろ」

2019年9月10日 19時47分

本塁打を期待される中野翔太郎外野手

写真

 1部昇格で組み替えた打線は、チームを引っ張る4年生が上位を固める。1番から石原、荻田、佐伯と並び、4番に中野翔太郎外野手(4年・啓新)。

 「高校では活躍できなかったが大学1年の夏にラグビー部にトレーニング法を教わって体ができた」という中野翔は187センチ、92キロの体格。「ホームラン4本ぐらい打ってチームに貢献したい」と野球継続も視野に意気込む。監物監督は「5本ぐらい打てば、人生変わるだろう」とハッパをかけた。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ