トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学野球]神奈川大学野球連盟 ドリームチーム結成 貴重な中継ぎはタフネス右腕・鵜飼康弘

2019年7月10日 紙面から

横浜国大を支えるタフネス右腕、鵜飼康弘投手

写真

 今年で創立70周年を迎えた神奈川大学野球連盟の選抜チームが日本代表として、オランダのロッテルダムで12日に開幕する国際大会、ワールドポート・トーナメントに出場する。同連盟の選抜チームの海外遠征は初で、横浜商大前監督の佐々木正雄団長ら一行は10日に出発する。一昨年の関西学生選抜は、過去最高の準優勝。日本勢の大会初制覇に向け、神奈川大学連盟オールスターが地元オランダや米国などと対戦する。 (文・写真=小原栄二)

 昨秋リーグ戦は10連敗だった横浜国大で今春3勝し、勝ち点2に貢献したのが、2年生右腕の鵜飼康弘投手。先発&救援でフル回転した。開幕カードの関東学院大2回戦で3失点完投、3回戦も救援で1点差を守り切った。神奈川大戦も1失点完投を含む3連投で勝ち点奪取に貢献した。

 「(横浜商大の)飯田のように速い球を投げるのが理想ですが、自分はああいうスピードがないので、コントロールや変化球のキレで打たせていかないと勝負にならない」。最速139キロに、緩い変化球を織り交ぜて打ち取るのが持ち味。この緩急は、フルスイングしてくるオランダ、米国などの主力選手にはまりそう。今春のチーム12試合のうち10試合に登板、ベストプレーヤー賞にも輝いたタフネス右腕は、今大会では貴重な中継ぎとして期待される。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ