トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学野球]神奈川大学野球連盟 ドリームチーム結成 オコエの高校同期・長嶋亮磨は足で魅せる

2019年7月10日 紙面から

俊足とフルスイングが持ち味の神奈川工大の長嶋亮磨外野手

写真

 今年で創立70周年を迎えた神奈川大学野球連盟の選抜チームが日本代表として、オランダのロッテルダムで12日に開幕する国際大会、ワールドポート・トーナメントに出場する。同連盟の選抜チームの海外遠征は初で、横浜商大前監督の佐々木正雄団長ら一行は10日に出発する。一昨年の関西学生選抜は、過去最高の準優勝。日本勢の大会初制覇に向け、神奈川大学連盟オールスターが地元オランダや米国などと対戦する。 (文・写真=小原栄二)

 足には自信がある。今春は開幕前のけがで出遅れ、シーズン途中からの出場だった神奈川工大の長嶋亮磨外野手(4年)が、滑り込みで代表入りした。50メートル6秒1の俊足の持ち主も、関東第一時代は「オコエ(楽天)とか足の速い選手が多くて、あまり目立ちませんでした」と照れ笑い。昨春はリーグトップの7盗塁を記録して「いだてん」ぶりを発揮した。

 「初球から思い切りよくバットを振って、塁に出たら足でかき回すのが自分の持ち味」。開幕前に痛めた右太もも肉離れも完治。国際大会での活躍を手土産に、卒業後は社会人でプレーする。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ