トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学野球]神奈川大学野球連盟 ドリームチーム結成 大砲候補・梶原昂希は元プロの岸川監督がほれこんだ男

2019年7月10日 紙面から

期待の2年生大砲、神奈川大の梶原昂希外野手

写真

 今年で創立70周年を迎えた神奈川大学野球連盟の選抜チームが日本代表として、オランダのロッテルダムで12日に開幕する国際大会、ワールドポート・トーナメントに出場する。同連盟の選抜チームの海外遠征は初で、横浜商大前監督の佐々木正雄団長ら一行は10日に出発する。一昨年の関西学生選抜は、過去最高の準優勝。日本勢の大会初制覇に向け、神奈川大学連盟オールスターが地元オランダや米国などと対戦する。 (文・写真=小原栄二)

 今夏の日米野球を戦う侍ジャパン大学代表を選ぶ6月の合宿にも参加した神奈川大の梶原昂希外野手(2年)は「1球の大事さを合宿で学んだ。1球で仕留められるかで勝負が決まる」と振り返る。ジャパン入りは逃したが、「ふだんは対戦しない外国人投手にどれぐらい通用するか楽しみ」と胸を躍らせる。

 現役時代に22本塁打の神奈川大学リーグ記録を残して西武でもプレーした岸川雄二監督が「自分の記録を抜いてほしい」と大分からスカウトしてきた秘蔵っ子は昨秋、リーグ首位打者を獲得。通算本塁打はまだ6本だが、飛距離は伸びている。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ