トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学サッカー]法大浮上のキーマン MF大西は「アシスト増やす」

2019年6月21日 紙面から

ボール奪取力に定評がある大西。頼りになるボランチだ=相模原市の法大城山サッカー場で(神代雅夫撮影)

写真

 第93回関東大学サッカー1部リーグ(東京中日スポーツ後援)は第8節を終え、現在は中断期間に入っている。昨季3位の法大はここまで4勝1分け3敗の勝ち点13で、首位に勝ち点8差をつけられての6位。昨季の全日本大学選手権王者で優勝候補と目されていた強豪にとっては、不本意な成績だろう。ただ、ポテンシャルが高いだけに、浮上の目はある。左サイドアタッカーのMF森俊貴(4年・栃木SCユース)や中盤の守備の要であるMF大西遼太郎(4年・磐田U−18)が従来の働きを見せれば、猛追が実現する。 (関孝伸)

 フィジカルの強さと予測の鋭さで、ボールをことごとく刈り取る。それがボランチ大西にとっての真骨頂。ピンチを未然に防ぐ中盤の番人だ。

 森同様、2年生だった一昨季の総理大臣杯全日本大学トーナメントで優勝に貢献した。まだ下級生で「自由」にのびのびとプレーさせてもらった結果、その後のリーグ戦でも納得のパフォーマンスを「コンスタント」に披露し、全日本大学選抜入りを果たした。ところが、上級生になった昨季は変に考えすぎたプレーになったこともあり、さらなる飛躍を遂げられなかった。そして、全日本大学選抜から声がかからなくなってしまった。

 「もっと法政の中心になってプレーしなくちゃいけないと考えて、それで切羽詰まった感じになってしまいました。そういう状況の中で、ほかのチームで中心としてやっているボランチの選手に比べると、自分には足りないところがあることも感じさせられました」

 今、自身に一番求めるのはアシストだ。大学入学後の全公式戦で記録したアシスト数は通算でわずかに2。武器とする守備で存在感を見せつけるのは当然として、それに加え、ゴールのお膳立てもできなければならないと自らに課す。

 「アシストが少ないんです。得点については、大事なところで点を取るとチーム内でよく言われます。カップ戦も含めると、結構取っているんです。でも、それに比べると、アシストが少ないので、増やさなければいけないと思います。攻撃のアクセントになるような(効果的な)縦パスももっと入れたいです」

 リーグ戦の序盤は上々とは言えないパフォーマンスだったが、ここにきて調子を上げてきた。

 「チームの状態がよくないときにこそ、自分が(ほかの選手との)違いをプレーで見せなければいけません。そこがすごく大事になります」

 中盤の王様が絶対的な存在として光り輝けば、チームは浮上する。目指すプロ入りに向けてもここからの戦いが正念場になる。

◇大西アラカルト

 ◆マンガ 朝から晩までずっと読み続けることもあるほどのマンガ好きだ。瀬尾公治の恋愛物が大のお気に入り。代表作の「君のいる町」などを読みながら、恋愛の勉強をしている。

 ◆2人の弟 4人きょうだいで、姉が1人と弟が2人いる。2歳年下の次男はかっこいい系、6歳年下の三男はかわいい系で、ともにいい男。弟2人を見たチームメートは「どうして、おまえだけ違うんだ」と大西をいじってくる。

<大西遼太郎(おおにし・りょうたろう)> 1997(平成9)年11月24日生まれ、浜松市中区出身の21歳。179センチ、74キロ。地元の蜆塚(しじみづか)幼稚園年中組のときにサッカーを始め、小1から小6まで広沢サッカースポーツ少年団でプレーした。中1から高3まで磐田の下部組織に所属し、高1時と高2時の日本クラブユース選手権(U−18)で2年連続ベスト8。高2時にU−17日本代表入りした。法大では1年時から出場機会を得て、2年時の途中から主力として活躍している。全日本大学選抜。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ