トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学サッカー]総理大臣杯出場権獲得4校の立役者たち 駒大・森本は決勝の豪快ヘッド弾

2019年6月14日 紙面から

前半40分、決勝のヘディングシュートを決めた駒大の森本(中)(関陽一郎撮影)

写真

 第8回関東大学サッカートーナメント(兼総理大臣杯全日本大学トーナメント関東予選)は12日に準々決勝があり、関東大学1部リーグの4校が総理大臣杯(8月29日開幕・大阪など)の出場権を獲得した。今季1部初昇格の立正大は拓大(関東大学2部)を3−2で破り、全国大会初出場。昨季の総理大臣杯で優勝した明大は5年連続16回目、駒大は2年連続17回目、筑波大は2年ぶり25回目。本日は、出場権獲得に貢献した各校の選手たちを紹介します。

   ◇

 駒大は186センチのFW森本ヒマン(3年・矢板中央)が前半40分に豪快なヘディングシュートを決め、競り勝った。

 「(右後方からのクロスで)難しい体勢でしたが、何とか決められて良かったです」。昨季まではけがが多く、今季からトップチームに定着した。昨年8強に終わった総理大臣杯はスタンドから応援。「目標は優勝なので、前回の結果を抜くのは通過点だと思っています」。今回は主力として本大会で大暴れする。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ