トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学サッカー]総理大臣杯出場権獲得4校の立役者たち 筑波大・阿部は自らPK決める

2019年6月14日 紙面から

PK戦で勝利し、スタンドの応援団に向かって喜ぶ筑波大GK阿部(斉藤直己撮影)

写真

 第8回関東大学サッカートーナメント(兼総理大臣杯全日本大学トーナメント関東予選)は12日に準々決勝があり、関東大学1部リーグの4校が総理大臣杯(8月29日開幕・大阪など)の出場権を獲得した。今季1部初昇格の立正大は拓大(関東大学2部)を3−2で破り、全国大会初出場。昨季の総理大臣杯で優勝した明大は5年連続16回目、駒大は2年連続17回目、筑波大は2年ぶり25回目。本日は、出場権獲得に貢献した各校の選手たちを紹介します。

    ◇

 筑波大は13人ずつが蹴ったPK戦を12−11で制し、法大を退けた。延長前半終了時に退場者を出し数的不利に陥ったが、延長後半の10分間をしのぎ切った。

 ただ、ゲームキャプテンを務めたGK阿部航斗(4年・新潟U−18)は「PK戦を長引かせてしまいました」と反省しきり。相手が失敗した2本はポストと枠外。直接阻んだものが1本もなく、悔しそうだった。

 一方で、キッカーとしては、初めて臨んだというPKは無事に成功させ、「外す気はしませんでした」とその点については胸を張った。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ