トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学サッカー]はい上がる!流通経大攻撃のキーマン FW山口「もっと大胆に!」

2019年5月24日 紙面から

衝撃のハットトリックデビューを遂げた山口。次の爆発はいつだろうか?=茨城県龍ケ崎市の流通経大龍ケ崎キャンパスで(七森祐也撮影)

写真

 第93回関東大学サッカー1部リーグ(東京中日スポーツ後援)は第6節まで消化した。昨季8位の流通経大は現在5連敗中。1分け5敗の勝ち点1で最下位と厳しい状況にあえぐが、タレント的にはこのような順位でくすぶるチームではない。浮上のきっかけをつかみたいともがいているところだ。DFリーダーの本村武揚主将(4年・流通経大柏)を中心に立て直しを図る。リーグ初参戦のMF山口大輝(4年・西武台)に大ブレークの期待が寄せられる。 (関孝伸)

 MF山口のリーグデビュー戦は衝撃的だった。今季開幕戦で、いきなりの3ゴール。「ハットトリックは公式戦では初めてです。自分でもビックリしました。できすぎです」と本人が振り返る大活躍だった。

 ただ、試合は引き分けに終わり、心の底からは喜べない一戦になった。せめてものなぐさめは、3点目がアディショナルタイムの同点PKで、それにより、勝ち点1をもたらしたことだった。

 「欲をいえば勝ちたかったですけど、負けなくてよかったという思いでした」

 そのゲームでは下がり目のFWの位置に入ったが、元々のポジションはボランチだ。豊富な運動量を生かしてボールに頻繁に関わり、機を見て前に出ていく。

 過去3シーズンはセカンドチームが戦う日本フットボールリーグ(JFL)などが自身にとっての舞台だったが、今季は関東大学1部リーグのピッチに満を持して立っている。

 「自分が得点に絡んで勝ちたい、チームを引っ張ってリーグ優勝したいという気持ちで(シーズンに)入りました。背番号に恥じないプレーを心がけています」

 経験値は高くないが、10番を与えられたことからもわかる通り、周囲の期待は大きい。そして、初戦でのハットトリックにより、チームでの地位をしっかりと確立した。

 開幕戦で左股関節を痛めた影響で一時離脱したほか、サイドや下がり目のポジションを務めた試合もあることなどから、第2節以降は目に見える貢献はできていない。ノーゴールが続くが、それでも「山口はよくやっている」と中野雄二監督の評価は高い。

 現在5連敗中で、いまだ未勝利と苦しいチーム状況の中、背番号10の再爆発が待たれる。「(ゴール前に)迫力ある入り込みをしていきます。もっと大胆に貪欲にゴールを狙うしかありません」と、決意のアタックでチームを救う。

◆山口アラカルト

 ◆ボウリング 1年ほど前から、ボウリングにはまっている。先輩に誘われて行き、楽しさに目覚めた。2週間に1回くらいのペースでボウリング場へ。結構な腕前で、ハイスコアは256を誇る。

 ◆練習の成果 ボウリングほどではないかもしれないが、歌うのも好きだ。あまり上手ではなかったものの、練習の成果で上達。つい先日、カラオケの採点で、初の90点超えを果たした。得意な曲はback numberの「HAPPY BIRTHDAY」。

<山口大輝(やまぐち・だいき)> 1997(平成9)年11月2日生まれ、埼玉県富士見市出身の21歳。175センチ、65キロ。地元の谷津幼稚園年中組のときにジャクパ・スポーツクラブでサッカーを始めた。JFC三芳から武蔵野FCへ。中学時代をFCカーニョで過ごしたあと、西武台高に進んだ。高3時に全国高校総体に出場してベスト32。流通経大では今季から関東大学リーグに出場している。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ