トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学サッカー]専大・西村 最終ラインに君臨する安定感抜群のCB

2019年5月17日 紙面から

最上級生として、チームを助ける立場になったDF西村。持ち前の安定感を発揮したい

写真

 第93回関東大学サッカー1部リーグ(東京中日スポーツ後援)は18日から第6節を戦う。天皇杯予選を行った関係で、約2週間ぶりのリーグ戦となる。昨季9位の専大は現在1勝1分け3敗の勝ち点4で9位。下位に甘んじてはいるが、内容的には上向き傾向にある。盤石の守備でチームを支えたいDF西村慧祐主将(4年・習志野)と完全復活を図るFW気田亮真(4年・千葉U−18)、この両主力選手が浮上のために死力を尽くす。 (関孝伸)

 187センチと身長に恵まれたセンターバックの西村は攻守にわたって空中戦を制圧する。加えて、足元のパス能力に優れ、守備の安定感もセールスポイント。プロから注目されるDFリーダーとして、最終ラインに君臨する。

 昨季は初めてシーズンを通してピッチに立ち続けた。前半戦は上々の出来。「プレーしながら成長できている感覚がありました。(波がない)同じようなパフォーマンスが毎試合できて、自信がつきました」と、充実の日々を過ごした。

 しかし、後半戦に入ると、逆に苦い経験を味わった。アンラッキーな形でPKを与えるなど、失点に絡むシーンが増え、結局は「かなり不本意でした」と唇をかむシーズンになってしまった。

 ただ、それでも背番号4の能力の高さに疑いの余地はなく、主将も務める今季は実力に見合った活躍が期待される。

 「去年までは自分よりも学年が上の選手に頼っていました。その当時は自覚がなかったんですけど、最上級生になって感じているところです。これまでは助けてもらっていましたけど、今年は自分がそういう存在になりたいと思います。安心感を与えるようなプレーをして、チームの支えにならなければいけません」

 リーグ序盤戦の成績は1勝1分け3敗の勝ち点4で9位と苦しいが、絶対に巻き返してみせる。

「結果は出ていませんけど、チームが悪い方向に行っているとは思いません。後ろ(守備)は任せろみたいなプレーを自分がして、ここからはい上がっていきたいです」

 攻撃の際のセットプレーでは、その高さが得点源になる。自身が守り抜き、自身がゴールをマークするような大車輪の活躍が求められる。

◆西村アラカルト

 ◆温浴施設 20歳を過ぎてから、疲労が取れにくくなったと感じる。体のケアに費やす時間が増え、温浴施設に行く頻度が増した。試合2日前や試合後のタイミングで、少なくとも週に一回は出向いている。

 ◆スパイク磨き 大学に入って以降、おろそかになっていたのだが、年明けからまた始めた。スポーツショップに出かけた際に、たまたま目に入ったシューケアセットを購入。これが再開のきっかけになった。「道具を大事にしようと改めて思いました」

<西村慧祐(にしむら・けいすけ)> 1998(平成10)年2月19日生まれ、千葉県松戸市出身の21歳。187センチ、81キロ。地元のまるやま幼稚園年少組のときに柏イーグルスのスクールでサッカーを始めた。小1のときに同クラブで選手登録し、中3までプレー。千葉・習志野高に進み、2年時に全国高校総体に出場した。専大では入学直後から出場機会を得て、3年時に全日本大学選抜入りした。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ