トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 首都スポ > 記事

ここから本文

【首都スポ】

[大学サッカー]藺藤・学生コーチ、その瞬間男泣き

2018年12月23日 紙面から

涙を見せる法大の藺藤学生コーチ

写真

◇全日本大学サッカー選手権<決勝> 法大1−0駒大

 昨年の準優勝メンバーで、けがのため今季序盤に学生コーチとなった法大のDF藺藤子龍(いとう・しりゅう、4年・横浜FCユース)は男泣きした。

 コーチ就任前には、退部を考えた時期もあったそうで「けがが多く、たくさん苦しいことがありましたが、乗り越えることができたから、最後に笑って終わることができました。(終了の)ホイッスルが鳴った時、頭の中に(仲間に)ありがとうって浮かんできました。この仲間で良かったです」。卒業後は就職するが、けがの状態を見ながら、サッカーを続けることを望んでいる。

    ◇

 首都圏のアスリートを全力で応援する「首都スポ」。トーチュウ紙面で連日展開中。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ