トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

ラグビートップリーグ開幕戦に大観衆 日本代表マフィ擁するNTTコムが逆転1勝

2020年1月12日 13時56分

日野ーNTTコミュニケーションズ 前半、激しくぶつかる両チームの選手たち

写真

◇12日 ラグビー・トップリーグ第1節(東京・秩父宮ラグビー場)

 NTTコミュニケーションズ29ー20日野

 2019年W杯日本大会で盛り上がったラグビーの日本最高峰リーグが開幕した。NTTコムー日野は全会場で最も早い午前11時半開始の“開幕戦”。スタンドは多くの観衆で埋まった。

 NTTコムは、日本代表ナンバー8マフィ、日本大会で優勝した南アフリカ代表フッカーのマークス、オーストラリア代表センターのリアリーファノのほか、15年W杯日本代表だったWTB山田らが先発。前半を8ー17とリードされて折り返したが、後半20、25分と2連続トライ(ともにゴール成功)で逆転。PGで2点差と迫られたが、1トライを追加して逃げ切った。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ