トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

明大&早大が異例の『呉越同舟』新国立競技場下見 ラグビー大学選手権決勝で激突「見ておいて良かった」

2020年1月8日 19時37分

国立競技場を視察した早大の斎藤主将(左)と明大の武井主将

写真

 11日のラグビー大学選手権決勝で激突する明大と早大が8日、決戦の会場となる国立競技場を呉越同舟で下見した。今回は、新たな国立競技場で初めてのラグビー開催。両チームの要望を受け、この日の午後2時30分から約40分間、「芝のピッチには入らない」という条件付きで異例の視察が実現した。

 グラウンド状態やロッカールーム、練習場への動線など誰もが初めての空間ばかり。明大は選手25人とスタッフが視察。武井主将は「ラインアウトのスローイングをイメージしてみたが、やってみないと分からない」と話し、田中監督は「大切なのは平常心。見ておいて良かった」と収穫を口にした。

 早大は選手3人とスタッフが視察。斎藤主将は「旧国立では09年度の(帝京大と東海大の)決勝を生で見たが、そのときより狭く感じた」と冷静に話しながら「お客さんが入ったらすごそう。それをイメージしてあと2日、練習します」とキッパリ。相良監督は「ウオームアップ場の様子や動線は映像を撮ったので、みんなで共有します」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ