トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

桐蔭学園が‘’桐蔭対決‘’制して準決勝進出 大阪桐蔭を振り切り悲願の単独Vへ

2020年1月3日 15時3分

前半18分、桐蔭学園の久松がトライを決める

写真

◇3日 第99回全国高校ラグビー準々決勝(花園ラグビー場) 桐蔭学園31−12大阪桐蔭

 昨年の決勝と同じカードとなった桐蔭学園(神奈川)と大阪桐蔭(大阪第1)の桐蔭対決の激突。“桐蔭対決”は31―12で桐蔭学園に軍配が上がった。

 悲願の単独優勝を狙う桐蔭学園は試合巧者ぶりを見せた。前半終盤の3トライ目は、自陣ゴール前で得たペナルティーが起点だった。相手の乱れた陣形を見逃さずにクイックで攻めると一気に敵陣ゴール前まで運び、WTB西川賢哉(3年)がインゴールに飛び込んだ。前半を21―0で折り返すと、後半は大阪桐蔭に押し込まれる場面すらあったが、そのまま逃げ切った。なお、桐蔭学園が頂点に輝いた第90回大会は、東福岡との両校優勝だった。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ