トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

2大会ぶり出場富山第一 前回に続き100失点超え…20トライ奪われ「一つ一つにレベルの差実感」

2019年12月29日 1時0分

石見智翠館―富山第一 前半、トライを連発され、肩を落とす富山第一フィフティーン

写真

◇28日 全国高校ラグビー大会1回戦 石見智翠館 132―0 富山第一(大阪・花園ラグビー場)

 富山第一は強豪の石見智翠館(島根)に0―132で大敗した。20トライを奪われ、105失点した一昨年の報徳学園戦に続いて100点超えを許した。河合監督は「一つ一つのコンタクト、スピード感、ステップ幅にレベルの差を実感した。ただ、局面では選手の思いがプレーに出ていた」と終盤に攻勢に出た場面を振り返った。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ