トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

「星印を1つ増やす」リーチ・マイケルが会見…今季はトップリーグに専念

2019年12月24日 20時21分

新シーズンと今後への抱負を話したリーチ

写真

 ラグビーW杯日本大会で日本代表を主将として8強に導いたリーチ・マイケル(31)が24日、所属する東芝で記者会見。今季は来年1月12日に開幕するトップリーグ(TL)での活動に専念し、レベルアップを図る考えを明かした。

 4年前のW杯後はスーパーラグビーのチーフスでプレーするなど海外に成長する機会を求めた。しかし、今後の4年間は「TLのレベルも上がっている。自分のプレースタイルを生かせる日本でプレーすることでレベルを上げられると思う」と話した。

 W杯終了後は日本でもイベントやテレビ出演などがあり、ニュージーランドと数往復。ハードな日程にも、今季の目標は「トップリーグで優勝すること。東芝のジャージーに(優勝回数を示す)星印を1つ増やしたい」とキッパリ。日本代表については「(TLで)活躍して、また日本代表に選ばれる資格をつくらないと」と、他の選手と同じ立場であることを強調した。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ