トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

流通経大グレースが金星!昨季2冠の日体大撃破 試合終了直前に北野和子が決勝トライ

2019年12月9日 19時9分

日体大のタックルを突き破りトライを決める流通経大グレースCTB寺内

写真

◇8日 ラグビー女子関東大会 1次リーグ最終節 流通経大グレース 22―17 日体大(熊谷ラグビー場)

 ラグビーの女子関東大会は8日、熊谷ラグビー場で1次リーグ最終節2試合を行い、A組は流通経大グレースが日体大を22―17で破り1位通過を決めた。

 流通経大グレースは前半、ゴール前ラインアウトからのモールでナンバー8北野和子(2年・神戸甲北)のトライで先制。その後は互いにトライを取り合い17―17で迎えた終了直前、ゴール前ラインアウトからモールを押して再び北野がトライ。昨季、15人制と7人制の2冠を制した日体大を破った。

 2トライを決めた北野と1ゴールのSO大塚朱紗(2年・石見智翠館)は11月の女子日本代表欧州遠征に参加。スコットランド戦で金星を決める逆転トライをあげた大塚は「日本を背負って戦えたのはすごくいい経験になった」とニッコリ。2人は帰国すると即チームに合流したといい「2人ともすごく成長して帰ってきた。疲れが残っている中、よくやってくれたし、チーム全体の成長を感じた」と井上愛実ヘッドコーチは選手をたたえた。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ