トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

蹴りだして試合終了と思いきや…まだロスタイム残っていた!釜石ヒヤヒヤ初勝利「時間確認したんですが…」

2019年12月7日 19時16分

釜石シーウェイブスの選手たちは試合後、雨の中で大漁旗を振り続けたスタンドのファンにお礼のあいさつをした

写真

◇7日 ラグビートップチャレンジリーグ 釜石シーウェイブス 11―8 栗田工業(秩父宮)

 ラグビートップチャレンジリーグは7日、東京・秩父宮ラグビー場で2試合を行い、釜石シーウェイブスが11―8で栗田工業を破り今季初勝利。1勝1敗1分とした。コカ・コーラは清水建設ブルーシャークスに44―7と大勝し2勝1分。

 釜石は前半5―8の劣勢で、後半も敵陣深く攻め込んだが冷たい雨の影響かボールを落とす場面が多くトライを奪えない。それでも17分、30分とSOレイがPGを決めて逆転。最後は自陣でボールをタッチに蹴り出したが、ロスタイムはまだ残っていて攻め込まれ、あわや再逆転のピンチに。それでも防御は崩れず相手の落球を誘い逃げ切った。共同主将のナンバー8中野は「時間は確認したんですが……」と首をひねり「トップリーグのようにタイムキーパーにしてほしい」と訴えた。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ