トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

東海大4年ぶり全勝V 残り10分切っての逆転勝ちに 木村監督「内容にはかなり不満」

2019年11月30日 22時55分

9度目のリーグ戦優勝を4年ぶりの全勝で飾った東海大フィフティーン

写真

▽30日 関東大学ラグビーリーグ戦(秩父宮)  東海大27―18大東大

 東海大が2年連続9度目の優勝を7戦全勝で飾った。拓大に敗れた日大と、法大に勝った流通経大は5勝2敗で並び、直接対決を制していた日大が2位、流通経大は3位。両校は、東海大とともに全国大学選手権の出場権を獲得した。

 すでに9度目のリーグ戦優勝を決めていた東海大は、後半30分過ぎまでリードを許す苦しい展開。同32分にWTB杉山のPGで逆転し、終了直前にはFWのモールからFB酒井がトライ。27―18と突き放し、4年ぶりとなる全勝を飾ったが、木村季由監督は「内容にはかなり不満」と話した。

 SO真野主将ら主力7人をけがで欠いた中での最終戦。指揮官は「クオリティの低い試合だった。大学選手権で対抗戦と戦うには、もっとブレイクダウンで戦わないと」と厳しかったが、観戦した真野は「若いメンバーで接戦を勝ちきれたのは収穫。大学選手権で優勝するために課題が出たこともよかった。全てプラスに考えています」と笑った。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ