トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

姫野「リーチさんには全部で勝ちたい」 トヨタ自動車の練習に合流 TL優勝宣言も飛び出した

2019年11月26日 19時32分

トヨタ自動車の練習に合流した姫野

写真

 ラグビーW杯日本大会で史上初の8強入りに貢献したFW姫野和樹(25)が26日、愛知県豊田市で所属するトヨタ自動車のグラウンド練習に合流した。流行語大賞にもノミネートされた「ジャッカル」が代名詞の主軸は、来年1月12日に開幕するトップリーグ(TL)に向けて「優勝する」と意気込んだ。

 W杯の躍進は姫野の心もたくましくした。「オフが明け、久々にラグビーをして楽しかった。このチームは若いので、その若い選手たちのリーダーとして引っ張っていかないといけない」。落ち着き払って話す姿は、大卒3年目の25歳とは思えない風格を漂わす。

 チームは元所属選手2人が麻薬取締法違反などで逮捕、起訴され、有罪判決を受けたため活動を中止し、夏前のTLカップ出場を辞退。練習も11月に再開したばかりだ。その間、日本代表の活動に専念していたとはいえ、姫野も案じていたであろう。でもこの日、仲間と一緒に汗を流して安心したようだ。

 「すごくチームの雰囲気がいい。みんな、ラグビーに飢えている状態なので、このいい雰囲気を保ちながら開幕までいけたらいいな」

 W杯では倒れた相手からボールを奪う「ジャッカル」を勝負どころで決め、脚光を浴びた。国内戦でも同じだ。観客に見てほしいプレーは「ボールキャリーとジャッカル」。4年後を見据え、さらに磨きをかけていく。

 絶対に負けたくない選手は、代表で間近に接してきたリーチ主将(東芝)だ。「誰にも負けたくないけど、強いて挙げればリーチさん。全部で勝ちたい」。そのまなざしは、次世代のリーダーとしての決意もにじむ。

 「いいチーム、勝てるチームを知っている。チームの基準を上げたい」。代表経験を生かして、チームの力を向上させる。「優勝する。時間は限られているが、ピークにもっていけるよう体を整えて臨みたい」。日本選手権3度優勝の古豪復活、TL初制覇を目指す。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ