トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

Aシードに京都成章、御所実、桐蔭学園 Bシードに連覇狙う大阪桐蔭、国体優勝の東福岡など[全国高校ラグビー]

2019年11月25日 23時17分

シード校を発表する高校ラグビー関係者

写真

 12月27日に開幕する第99回全国高校ラグビー大会のシード校が25日、発表された。2回戦から登場するシード校は西と東にそれぞれ「A」と「B」に分かれる。

 3回戦までシード校と当たらないAシードは、西が近畿大会優勝の京都成章、選抜大会準優勝の御所実(奈良)の2校。東日本が昨季準優勝で今年の選抜大会で優勝した桐蔭学園(神奈川)の1校。

 2回戦でシード校と当たる可能性のあるBシードは、西日本が昨季優勝で今年は近畿大会2回戦で敗退した大阪桐蔭(大阪第1)、近畿大会6位の常翔学園(大阪第2)、近畿大会準優勝の東海大大阪仰星(大阪第3)、九州大会と国体にそれぞれ優勝した東福岡、国体準優勝の佐賀工の5校。東が選抜大会予選リーグ敗退の国学院栃木と流通経済大柏(千葉)、国体1回戦敗退の東京、北信越大会Bブロック優勝の日本航空石川選抜大会ベスト8の中部大春日丘の5校。

 組み合わせ抽選会は12月7日に大阪市内で行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ