トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

本郷、猛攻しのいで2年連続花園

2019年11月18日 紙面から

2年連続花園出場を決め喜ぶ本郷フィフティーン

写真

◇全国高校ラグビー東京大会決勝<第2地区決勝> 本郷24−21国学院久我山

 第99回全国高校ラグビー大会の出場校を決める東京2地区の決勝が17日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、第1地区は東京が22−0で早実を破り、3大会ぶり13度目の出場を決めた。第2地区は本郷が24−21で国学院久我山を振り切り、2大会連続11度目の出場を決めた。全国大会は12月27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕。来年1月7日に決勝が行われる。

      ◇

 自信にあふれた戦いぶりで、2年連続の花園を決めた。前半はCTB岡本大輝主将、WTB清水鳴哲(ともに3年)の連続トライで12点を先行。追い上げられても清水の2本目、さらにモールからプロップ吉村隆志(2年)がトライし、後半24分で10点差。突き放したかと思われたが、残り2分で3点差に迫られる。ロスタイムの6分間にも及ぶ反撃をタックルで止め続け、最後はナンバー8福沢慎太郎(3年)が殊勲のジャッカルで反則を奪い、逃げ切った。

 「今年のチームスローガン『チーム一丸力』通りに力を出せた。部員62人で同じ練習をしてきた成果です」と話した岡本主将は「春の大会で負けてから、全国大会予選は久我山とやるつもりで、ずっとディフェンスを強化してきた」と胸を張った。 (大友信彦)

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ