トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

W杯決勝 イングランドVS南アフリカが前日会見 南アコリシ主将は「過去2度の優勝は国全体にポジティブな変化をもたらした」

2019年11月1日 20時53分

南アのコリシ主将

写真

 ラグビーのW杯日本大会決勝は、2003年以来4大会ぶり2度目の優勝を狙うイングランドと、07年以来3大会ぶり3回目の優勝が懸かる南アフリカが対戦する。両チームは1日に最終調整し、東京都内でそれぞれ記者会見した。

 準決勝のニュージーランド戦で猛タックルを連発したイングランドのFWアンダーヒルは23歳。会見で若手の経験不足を指摘されると「われわれは4年後に勝てばいいなどとは思っていない。若いなりに経験を積んだ上で、もっと経験のある選手から学び続けているところです」と毅然(きぜん)として反論した。

 南アフリカのコリシ主将は「W杯での過去2度の優勝は国全体にポジティブな変化をもたらした。今回もそうなるよう願っているが、全ては明日の試合に勝ってトロフィーを取ることからです」と必勝を誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ