トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

中止で涙…ようやく大役!ラグビーW杯決勝のマスコットキッズ発表「国歌を歌えるようにします!」

2019年10月28日 21時1分

笑顔を見せる決勝戦のマスコットキッズの小野鳳くん(前列左から3人目)と網野瑛大くん(同左から4人目)

写真

 ラグビーW杯日本大会の決勝で、岩手県釜石市・平田(へいた)小4年の小野鳳(ふう)くんと東京都目黒区在住の小学1年・網野瑛大くんが、両チームの主将とともに入場するマスコットキッズを務めることが28日、発表された。2人は当初、台風19号で中止になったナミビア−カナダ戦(釜石)で大役を担う予定だった。釜石入りしながら当日に中止を告げられたという2人は「(中止のときは)布団の中で泣きました。決勝までにまた国歌を歌えるように覚えます」と声を弾ませた。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ