トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

苦難でもあきらめない…ウェールズのアイデンティティーを象徴する激闘 3度追いつくも3点差で散る[ラグビーW杯]

2019年10月27日 22時2分

南アフリカに惜敗したウェールズ(AP)

写真

◇27日 ラグビーW杯準決勝 南アフリカ19−16ウェールズ(日産スタジアム)

 必死に食らいついたウェールズは、わずかに3点が届かず、決勝の扉を閉ざされた。ガットランド監督は「勇気を持って戦い、最後まで粘った。非常にタフでフィジカルな試合だった。選手の一人一人を誇りに思っている」と振り返った。

 人口は約300万人。世界地図には独立国としては載っていない。英国グレートブリテン島の西の外れ、炭坑と漁村の連なる一地方にすぎないウェールズは、それでも独自の文字と言語と文化を持つ誇り高い「国」だ。イングランドに併合されて何百年が過ぎても、独立心は失わない。

 苦難に耐えてきた民族の歴史の象徴がラグビーだ。苦しい局面でも決して希望を失わない。南アとの準決勝は、ウェールズのアイデンティティーを象徴するような展開だった。

 前半はひたすら耐える時間。南アのSHデクラーク、SOポラードの蹴り上げるハイボールが雨あられと振ってくる。だが、リアム・ウイリアムズの負傷で急きょ先発したFBハーフペニーが再三の神業キャッチでピンチの芽を摘む。

 ガットランド監督は戦前言っていた。「彼は空中戦では世界一のFBなんだよ」。その安定感がチームの粘りを生んだ。PGで先行されても粘り強く追いかけ、後半開始早々には9―9と並んだ。トライでリードを奪われても、WTBアダムズが奪い返す。左隅の難しいゴールをハーフペニーが蹴り込み、3たび追い付いた。

 だが、そこまでだった。残り5分を切り、無情のPGを献上。欧州6カ国対抗の王者は、南アの強固な壁を突き崩すことができず、ノーサイドを迎えた。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ