トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

南アが激戦制し3大会ぶり決勝へ 19ー16でウェールズを下す

2019年10月27日 20時0分

ウェールズ━南アフリカ 前半、南アフリカのヌコシ(中央)をタックルで止めるウェールズ代表

写真

 ラグビーのW杯日本大会は27日、横浜・日産スタジアムで準決勝1試合を行い、南アフリカがウェールズを19―16(前半9―6)で下し、2007年大会以来3大会ぶりに決勝へ駒を進めた。11月2日の決勝(日産ス)で、前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ監督率いるイングランドと対戦する。

 南半球4カ国王者の南アは強力FWと、4PG、1ゴールのSOポラードのゴールキックの精度が光った。欧州6カ国対抗の王者として今大会に乗り込んだウェールズは何度も同点に追い付く粘りを見せたが、初の決勝進出を逃した。1日(味スタ)の3位決定戦でニュージーランドと対戦する。

 南アは3度目の決勝進出で、1995年大会はニュージーランドを、07年大会ではイングランドをそれぞれ下した。イングランドのジョーンズ監督は07年、南アの技術顧問として優勝に貢献した。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ