トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

大本命NZがわずか1トライで散る波乱!"エディー・イングランド"が完勝で4大会ぶり決勝へ

2019年10月26日 19時4分

NZ・グッドヒューの突進を必死に止めるイングランド

写真

◇26日 W杯準決勝 イングランド19−7NZ(横浜・日産スタジアム)

 3連覇を狙った世界ランキング1位のニュージーランド(NZ)が敗退した。前回大会で日本代表を指揮したジョーンズ監督が率いるイングランドは、テレビジョン・マッチ・オフィシャル(TMO)でトライが2度取り消される不運を乗り越え、4大会ぶりの優勝に王手をかけた。

 優勝候補の大本命と目されていた王国が、”エディー・イングランド”の強固なディフェンスに屈した。奪ったトライはわずかに一つの完敗。W杯では2007年準々決勝のフランス戦以来20試合ぶりの黒星となった。

 両チームの対戦は、今回が42度目。イングランドは過去7勝33敗1分けと圧倒されており、W杯でも3戦全敗だった。準決勝の残る1試合は27日にウェールズと日本を破った南アフリカのカードが日産スタジアムで行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ