トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

イングランドのエディー監督はWイケメン司令塔を起用…対するNZはバレット3兄弟で戦う

2019年10月25日 22時40分

イングランドのSOフォード(左)とCTBファレル

写真

 ラグビーW杯日本大会の準決勝で相まみえるニュージーランド(NZ)とイングランドの注目の一戦は26日、横浜・日産スタジアムで激突する。1次リーグでともに危なげない戦いで1位通過し、優勝候補の最有力に挙がる。史上初の3連覇を狙うNZを、日本代表の前指揮官、ジョーンズ監督率いるイングランドが止められるか。25日の前日練習は、両チームとも雨中で行った。

 イングランドはSOもできるゴールキッカーの主将ファレルを、12番のインサイドCTBに起用した。SOフォードとのイケメン「ダブルSO」で臨む。フォードは戦術眼にたけ、ファレルは強力なタックルを武器にする。幼なじみで、昔から好敵手の関係にあった2人の攻守に注目だ。

 NZは、こちらもSOができるB・バレットをFBに回し、ゴールキッカーを務めるモウンガをSOに配置した。イングランドの10番―12番に対し、10番―15番がゲームをつかさどる。ダブル司令塔対決の軍配はどちらに―。

 FWでは、現代ラグビーの申し子と言えるイングランドのロック、イトジェが異彩を放つ。195センチ、115キロの巨体をしなやかに動かす。一方のNZは、ともに2メートル超のレタリックにホワイトロックと巨木のようなロック陣。竹とヒノキの力比べも楽しみのひとつ。

 今回もNZのバレット3兄弟がメンバー入り。本来ロックのスコットをフランカーに先発起用した。ラインアウト勝負も見逃せない見どころだ。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ